CEREVO LIVESHELLデジタルカメラやビデオカメラに接続するだけでUstreamのライブ配信が可能に!

ニュース&トピックス

Cerevo Liveshell PROのモニター出力を有効化する

Cerevo Liveshell PROのAV OUT(配信モニター用アナログ映像・音声出力)はDashboadまたは本体設定で「有効」にしていないと出力されません。

尚、「有効」に設定している場合でも、Liveshell PROの配信ステータスが「オンライン」の状態でないとモニター出力はされません。

Dashboadから設定

Dashbordの使い方は以下をご覧ください。

http://shellprodoc-ja.cerevo.com/control/1

モニターのON/OFFはDashbordから操作出来るようになっております。

「モニター出力」にチェックを入れることでAV OUTから出力できる状態となります。尚、モニター映像は配信がオンラインになっている場合に出力されます。

デフォルトがOFFということです。
これはバッテリー運用時の消耗を減らすためということでした。

 

AV OUTを有効化する(本体設定)

Cerevoさんより「基本的にはDashboardから操作頂くようなマニュアルとしており、本体でモニター出力OFFにしてもDashboardからON/OFFできますのでマニュアルはDashboardのみとしています。ご理解ください」とのことでした。

以下に本体でのモニター出力設定をする方法を記述します。

 

1.「設定」-「配信」

設定-配信

2.「配信」-「モニター出力」

配信-モニター出力

3.「モニター出力」-「出力有効化」

モニター出力-有効化

4.「出力有効化」を「有効」にする。(「無効」になっていると映像が出力されません)

出力有効化-出力

 

モニターの出力

Liveshell PROの「配信映像出力」が「無効」の状態

Liveshell PROの「配信映像出力」が「無効」の状態

Liveshell PROの「モニター出力」-「出力有効化」が「有効」の状態

Liveshell PROの「モニター出力」-「出力有効化」が「有効」の状態

尚、配信状態(本体LEDがブルー)で無いとモニター映像は出力されません。

 

補足

http://cerevoliveshell.com/におけるお客様キャンペーンプレゼント用の同梱モニタについて

Liveshell PRO本体と同梱4.3インチモニターを接続する為に付属しているAV接続ケーブル(4極ミニジャック-赤白黄ピン)ですが、
4.3インチモニターのビデオインプットへ入力するケーブルの色は「」のケーブルを接続してください。

Liveshell PROのモニターケーブルLiveshell PRO本体側のケーブルは「赤」、モニター側が「黄」のケーブル接続

 

Liveshell PRO本体のAVOUTピンの仕様はApple準拠となっており、Apple仕様のケーブルについては現在入手が困難となっております。

同梱の市販AVケーブル仕様は日本国内で多く流通するSONY仕様に準拠となっているために配線仕様の違いがあり、付属AVケーブルでは「赤」から映像信号が出力されます。

以上ご理解いただき、モニターの映像入力端子へは「赤」のピンから接続をお願いいたします。

 

Cerevo Liveshell PROの取り扱い説明書はこちら
http://shellprodoc-ja.cerevo.com/ 

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:n.kobayashi

このページを印刷 このページを印刷
Get Adobe Flash player