CEREVO LIVESHELLデジタルカメラやビデオカメラに接続するだけでUstreamのライブ配信が可能に!

ニュース&トピックス

Cerevo LiveShell PRO Black Editon初期出荷分における不具合と対応についてのお知らせ

Cerevo LiveShell PRO Black Editonをご購入頂きました皆様、弊社商品をご予約・ご購入くださいまして誠にありがとうございます。

Cerevo LiveShell PRO Black Editon(現状出荷が完了しているすべてのものが対象)におきまして、ソフトウェアに関する不具合が残ったまま出荷されてしまったことがわかり、全数を回収し無償で点検・修理させて頂きたく存じます。弊社商品にご期待・ご声援を頂いておきながら、大変申し訳ございません。

皆様方には大変なご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご容赦のほどお願い申しあげます。

修理ご対応の流れ

1.  お名前,ご住所,電話番号をこちらのフォームを印刷のうえ記入し、同梱ください
2.  送料着払いにて、下記指定住所宛に商品をご返送ください。時間指定のある郵送会社様へは”指定なし”でお送りださい
3.  弊社到着後2営業日以内に修正版ソフトウェアの書き込みを行い、弊社送料負担にてご返送いたします

〒101-0021 東京都千代田区外神田6-7-3 セイコービル2F 
パンダスタジオユーザーサポート窓口
(03) 5846-5800

また、配信予定が近く2営業日待つことができないお客様のためにソフトウェアの不具合を修正した貸出機を可能な限り数をご用意できるよう準備いたします。(準備ができ次第、情報を本webサイトに掲載して参ります。)

以上のご対応において、お客様に費用のご負担を頂くことは一切ございません。
この度は大変なご不便をおかけし、申し訳ございませんでした。

不具合の具体的症状
なお、今回のソフトウェアに関する不具合が起こす問題は以下のとおりです。
安全性に関わる不具合ではございませんので、ご安心ください。

  • カメラ側のHDMI出力解像度をAUTO/自動としているとHDMI信号を認識せず、ライブ配信先に映像が出ない
  • キヤノン製ビデオカメラの一部、サムスン製ビデオカメラの一部でHDMI信号を認識せずライブ配信先に映像が出ない
  • ソニー製、ならびにJVC製ビデオカメラの一部でカメラ側のHDMI出力解像度をAUTO/自動としているにも関わらず、480P等の低い解像度が自動認識されてしまい高精細な映像が出ない
  • HDMI経由での音声信号を正しく受信せず、映像は出るものの音声が配信されない
  • その他HDMI端子経由での映像・音声入力において何らかの不具合がある

本ソフトウェアはファームウェア更新で修正ができない部分のソフトウェアであり、専用の書き込み装置がなければ修正ができません。大変お手数ですがご返送・修理対応へのご協力をお願い申し上げます。

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:m.nishimura

このページを印刷 このページを印刷
Get Adobe Flash player