CEREVO LIVESHELLデジタルカメラやビデオカメラに接続するだけでUstreamのライブ配信が可能に!

ニュース&トピックス

LiveShellに対応したカメラは何を選んだらいいか

Q. 「LiveShellは自分がこれまで使っていた、これから買おうとするカメラで使えますか?」

A. HDMIケーブルであれば 480pに対応していればOK、コンポジットケーブルであれば、全種類対応しています。
お客様からのお問い合わせで多いものに、「このカメラで使えますか?」というものがあります。
LiveShellについては、電源を入れるだけでUstream配信ができるので、配信用にPCがいらないということもありますが、
LiveShellで使えるカメラかどうか、購入前に知りたい方が多いのではないでしょうか。

LiveShellには、二種類の、カメラからの映像や音声を入力できるインプットがあり、HDMIのほうが若干綺麗な画像で配信ができます。一方、テレビに接続するケーブルとしてこれまで使われてきた赤・白・黄のコンポジットケーブルは、基本的にどのカメラからも出力されます。

コンポジットケーブル

HDMIについてのみ、LiveShellは、不適合になるケースがあります。
それが、HDMIを通る信号で「480p」という信号です。 正確には、720×480 p という、画面の大きさと、プログレッシブ方式の組み合わせになります。

HDMIケーブル

ビデオカメラで、480pが配信できるかどうかは、メーカーへ問い合わせるか、
同じ機種との組み合わせでLiveShellを使えるかどうかネットで検索してみるのも手です。

キバンインターナショナルでは、Sony HDR CX-180 などで利用できることを確認しています。

Cerevo LiveShellの購入はこちらから http://cerevoliveshell.com/?cat=25
お問い合わせはこちらからどうぞ http://cerevoliveshell.com/?page_id=13

(画像元Wikipedea)

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:m.nishimura

このページを印刷 このページを印刷
Get Adobe Flash player